公民館で3回顔が合った熟女に誘われて

私は35歳になる自由業のK.Kです。仕事がら家にこもりがちなので必ず一日一度はわりと長い距離散歩に出ます。すると疲れるので休憩を入れていた公民館で、何度か熟女と顔を合わせました。スタイルがよくはっきりとした顔立ちは人目を引くため、顔はすぐ覚えました。偶然3回目に誰もいないラウンジで遭遇した時、声をかけられそのままホテルへ・・・・

散歩途中に休んでいたラウンジに熟女がいた

地域の図書館を併設した公民館的な施設の自習スペース(ラウンジ)を休憩場所にしていたとき、何度か顔を合わせたことのある熟女(人妻)との間に、知らぬまにアバンチュールが発生していた感じでした。

そのラウンジは誰でも利用でき、図書館に登録をする必要さえなかったので、比較的長い距離歩くときの散歩途中に利用していて、私の住む市とは隣の市が運営していました。なので、私には顔見知りはまったくいない環境です。

それは同時に、その熟女さんにとっても同じで、だから気安く向こうから声をかけて来たんじゃないかと思いますが、「少しお話してもいいかしら?」がきっかけでした。もとより熟女が好きなので、「ええどうぞ」と受けました。

熟女は指を舐めた瞬間スイッチが入った

ラウンジは4人掛けテーブルが30卓くらいある広い場所で、平日の昼下がり他に人はいませんでした。最初は向かい合わせに座りましたが、すぐ席を対角に替え隣の位置にしてからは、体の線をおもむろに遠慮なく視姦しました。

イーンズの腰から太ももにかけてのラインに熟女らしい優美さとふくよかさを感じるやいなや、股間もモコモコきたのでこれはいけると判断。年は30代後半から40代前半に思え、肌もまだキレイでしたから、抱き寄せてペッティングを楽しんだらさぞ気持ちいいだろうなと思いまず、やおら手をつかんで指舐めを始めました。

その時の熟女さんの驚きと期待が混じった表情が忘れられません。「指感じるの」といわれ、そのまま手を引いてラウンジを後にしました。

繰り返し訪れて熟女と顔見知りになる前にアクションに出る

知り合う場所はどこでもいいのかなと思います。ただ、あまりに地元過ぎないことがポイントです。一過性のワンナイトラブを楽しみたい願望は男の側よりむしろ、普段家庭に縛られている女性の側に強いので、その地元の女性が集まりながらも顔は知らない環境であることが絶対条件です。

結果としてですが、隣街の施設はアクセスしやすくかつその街に知り合いは皆無なので、これほどアバンチュールが発生しやすいシチュエーションもないと思います。しかも隣街のことならおおよそは分かりますから、さしあたりの会話にも事欠きません。ラブホの場所も下調べ無しに分かります。

そうした場所を掴んだら、繰り返しそこを利用するだけです。顔見知りになる前にどちらかからアクションを起すのが肝要。

アダルトサイトランキング

アダルトサイトランキング