アルバイト先の人妻とセフレになった体験談

私は32歳で埼玉で会社員をやっているT.K.といいます。私が当時20歳の大学生だった時に、アルバイト先にいた26歳の人妻とセフレ関係になっていました。もともと私は女性経験があまりなく、セフレどころか女性と話すことすらあまり得意ではなかったのですが、歳がそれほど離れておらず同じ持ち場にはアルバイトが私一人しかいないということもあって、26歳の人妻は私のことを何かと気にかけてくれていました。

26歳人妻と性的な関係を持つまでの過程

私が仕事に慣れ始めたころ26歳の人妻と一緒のシフトに入っている日は時間に余裕のある日が多く、時間が空くと他愛もない話をするようになりました。そんな中で私が大学2年生になっても彼女がいないどころか彼女ができる気配すらないという相談をした時の事、26歳の人妻も最近旦那とあまりうまくいっておらずいわゆる倦怠期を迎えているという話になりました。お互いどこか寂しさを抱えており、その寂しさをお互い共有することでより親近感が沸き関係がどんどん親密になっていくのがわかりました。私は20歳男性ということもあり性欲が高ぶっており、相手と性的な関係を結びたいと考えるようになっていきました。ある時私が思い切って相手に性的な関係を持ってくれるように頼んだことがきっかけで、二人の関係に変化が生じました。

人妻と性的な関係を持ちそのままセフレへ

相手も旦那とセックスをもう1年以上していないセックスレス状態だったので、最初は戸惑っていましたが私がお願いすると小さく頷き了承してくれました。二人とも仕事が休みの日に地元だと旦那にばれる可能性があるので、電車で30分ほどの駅で待ち合わせをしてそのままホテルへ行きました。ホテルに入ると私は女性経験があまりないので何をしたらよいかわからないでいると、相手が少し微笑みキスをしてきてそのままベッドへ行きました。終始相手がリードしてくれて相手に従うがままでになりましたが、お互い寂しさを忘れるために相手を求め続けていました。そのまま26歳の人妻との関係が続いていき月に1回ホテルへいくセフレ関係に発展していきました。私が大学を卒業しアルバイトを辞めるまでの2年間2人妻とのセフレ関係は続きました。

人妻とセフレ関係になるために必要なこと

人妻は旦那とのセックスレスになっていた場合、男性のように風俗に行くというわけでもないので性欲を処理する方法が限られています。しかし性欲が高まっているからといって、よほど相手の好みの顔でないかぎりは親しくない人とセフレ関係になろうとは考えていません。旦那に相手にされず寂しさを抱えている人妻はとにかく話を聞いてあげて、相手に同意をしお互いが同じ気持ちを共有することで相手との距離を縮め、そこからなんでも相談できる相手になることが大切です。相手との距離を縮めた後も性的な話は徐々にしていき、いきなりセックスの話に持ち込んでも相手に引かれる可能性があるので、時間をかけてお互いの信頼関係を気づくことを心がけましょう。信頼関係が築ければ欲求不満な人妻とセフレになれるかもしれません。

アダルトサイトランキング

アダルトサイトランキング