セフレ探しなら出会い系サイトが最も適していると実感したこと

私は30代前半でサラリーマンをやってるMと言います。

成人男性なら誰もがセフレを1度は欲しいと思ったことがあるはずです。

風俗店で口説いてもセフレに出来るわけが無く、飲み屋のお姉ちゃんは商売としてリップサービスをして盛り上げてくれているに過ぎません。

出会い喫茶ならば一般素人女性がいるかと思って突撃しても、援助交際狙いの売り専女性ばかりという現状に辟易している男性が多いでしょう。

しかし、出会い系サイトは使い方次第でセフレ探しに適していると気づけました。

セフレ探しを行うには最初から一般素人女性と出逢えば良いだけ

セフレが欲しいにも関わらず、プロやセミプロ化した女性を狙っても男性は諭吉にしか見えていないために、セフレになってくれることはありません。

セフレを探すハードルが高い所を攻めていても最初から意味が無いわけです。

私がセフレを作れた最初のキッカケは、風俗店や出会い喫茶で撃沈した後に出会い系サイトPCMAXで食事デートのみ募集したことがキッカケでした。

出会い系サイトには、アダルトとピュアという2分されたゾーンが用意されているので、プロフィールにアダルト目的お断りと記載されている女性ならば、食事デートのみで付き合ってくれます。

セフレ探しに失敗し続けて疲れたことと、援デリ業者を避けるためにプロフィールに敢えてアダルト目的お断りとして食事デート相手を募集したわけです。

数日放置していたら、食事デートのみならというプロフィール写真無しの女性からメッセージが届きました。

出会い系サイトに登録している女性ならセフレ候補になる

3日程度出会い系サイト内でやり取りをしてから、食事デートを行うことにして実際に会ってみるとごく普通の20代後半のOLでした。

私も勤務先からの帰りだったので、一緒に夕食を食べてから少し飲んで帰ることにします。

笑顔が素敵な女性だったので、聞き手に回って話していると直接連絡先交換することになり、次回は鍋が食べたいという話になりました。

次の休日に鍋を食べるために待ち合わせをすると笑顔で来てくれましたが、雰囲気が変わっていて鍋を取り分けてくれる際にもボディータッチが積極的です。

食事デートの後に言われたのが

「私って女としての魅力無いですか?」

だったので、全力で否定すると前回お持ち帰りしてくれなかったからという話に。

即ラブホテルへ連れ込んでフリータイム7時間使って4回戦頑張ってしまいました。

すると、艷やかな瞳でまた会ってエッチして欲しいと言われた時に、セフレゲットと心の中で叫んだわけです。

セフレ候補を探すなら徹底して一般素人女性のみを選別する

今までプロまたはセミプロ化した女性ばかりを相手にしてきたので、出会い系サイトに一般素人女性がどのくらい潜んでいるのか知りませんでした。

セフレになってくれた彼女の話を聞いてみると、身内バレするのが嫌でプロフィール写真掲載をしておらず、アダルト目的お断りにしないと男性からの怪しいメールばかりでメールボックスが埋まることを知らされたわけです。

ピュアカテゴリーのみで活動している一般素人であっても、出会い系サイトに登録していれば本当は下心があって、食事デートに誘われた時に良さそうな相手だったら、ホテルデート有りと考えると教えてもらいました。

暫くはセフレとなった彼女との期間を堪能したいので、お互いに目の前で出会い系サイトを退会処理しましたが、関係が切れたらまた新規登録してしまうと思います。

体験者たちが使った、ヤレた、出会い系サイトはここ

アフィリエイト

出会い系サイトPCMAX